オンナノカラダ

あなたの美容と健康のお共に

つらい生理痛とは上手にお付合い。女性を輝かせるライフスタイルでナチュラルに改善しましょう。

calendar

reload

つらい生理痛とは上手にお付合い。女性を輝かせるライフスタイルでナチュラルに改善しましょう。

生理の間は、少しでも快適に過ごしたいですよね。

your-period

すぐにでも試していただける生理痛改善の方法をご紹介します。ナチュラルで、あなたのためになる、ずっと続けていただける優しい方法です。

毎月やってくる生理周期。生理痛の重さは人によってさまざまです。Blue day(ブルーデー)といわれるだけあって、憂鬱な日を過ごしている方も多いかと思います。

腹痛だけでなく、吐き気や腰痛で悩む人も多いですね。生理は女性にとってとても大事な生理現象ですので、上手にお付合いをして、憂鬱な数日間が少しでも快適に過ごせるようなポイントをご紹介します。今すぐにでもお試しいただけることがたくさんありますので、ぜひチャレンジしてみて下さいね。

生理痛のおこる仕組みとは

そもそもなぜ生理痛は起こるのでしょうか。この仕組みには「プロスタグランジン」というホルモンが大きく影響をしていると考えられています。排卵期には妊娠に備えていた子宮内膜も、妊娠が成立しなかった際には次の妊娠に備えて体外へと排出されます。

プロスタグランジンは、このいらなくなった子宮内膜を経血として体の外に押し出す働きをします。子宮を収縮させることで子宮内膜をはがして落とすのです。プロスタグランジンの分泌量が多いと子宮収縮が過剰に起こり、腹痛や腰の痛みを強めてしまいます。また、プロスタグランジンには種類が様々あり、腹部だけに作用するのではなく、各所で痛みを強める作用を持つものもあるので頭痛や腰痛の原因にもなりうるのです。

 

痛みに個人差があるのはなぜ?

生理前や生理中のつらい痛み。しかし人によっては何も痛みを感じることがない方もいれば、仕事に支障が出るほどに悩まされている方もいます。

生理痛の痛みは非常に個人差が大きいものですが、このような違いはいったいなにが原因なのでしょうか。経血のコントロールに深く影響しているといわれるプロスタグランジンですが、経血の排出がスムーズにいっていないと、さらに過剰に分泌をして、排出を促すそうです。それでは、その経血の排出を妨げる原因とは何なのでしょうか。それは、身体の冷えや骨盤のゆがみ、また子宮口の大きさやそもそもの子宮の大きさなど体質的要素もあげられます。

一人ひとりのこのような体質の違いから、生理痛には個人差があると考えられています。

 

腹痛で悩んでしまったら

生理痛の代表的な痛みは、やはり腹痛ですね。子宮の収縮が強い痛みとして伝わるので、ダイレクトに感じる方は多いと思います。

そこで、生理痛の中でも腹痛にお悩みの方におすすめの改善方法をご紹介します。それは、プロスタグランジンの分泌を過剰にしないような生活スタイルです。身体の冷えは全身の血流を悪くします。まずはご自分の意識しないところでも身体が冷えていないかどうか、内臓の冷えがないかなど、今現在の生活スタイルを今一度見直してみましょう。

暖房の効きすぎた部屋に長時間いると、自分の力での体温調節が難しくなっていきます。

日ごろの寒さ対策は靴下や重ね着などにしましょう。その時に、あまり締め付けがきついものを選んでしまうと逆効果になってしまいます。締め付けがきついものは血行を妨げかねません。

また、冷え性の改善には運動がとても効果があります。ヨガやストレッチなどを続けることによって血液の循環を良くします。普段から冷え改善の生活スタイルを意識して、特に生理期間は身体を締め付けないような服装を心がけ、なるべくストレスのない生活が送れると良いですね。

関連商品はコチラ

2日に1回飲むだけで体内を綺麗な状態に近づけてくれると話題

吐き気で悩んでしまったら

生理期間の腹痛だけでも大変なのに、吐き気まで伴ってしまうととてもつらいですね。生理期間に吐き気が起こってしまう原因としてはやはりプロスタグランジンの存在があります。

プロスタグランジンは子宮の収縮だけでなく胃を収縮させる作用もあります。分泌量が増えると、胃の収縮が強くなり吐き気が生じてしまいます。では、薬を飲めば解決するかというと、そういうわけでもないようです。

プロスタグランジンの収縮を薬で抑えようとすると、胃の収縮も低下してしまいます。このことで、さらに吐き気が強くでてしまうこともあるのです。
そこでやはり、普段の生活からの改善が求められます。冷え対策もそうですが、実際に吐き気がある際には消化のよい食べ物を少量ずつ食べるのがよいでしょう。

また、生理痛に効果があるという食べ物もあります。マグネシウムやビタミンB6は子宮収縮を和らげるといわれています。

食事の際には、意識的にアーモンドや大豆製品などをとってみてはいかがでしょうか。また青魚に含まれるEPAにも子宮収縮を抑えるプロスタグランジンE3を作る働きがあります。このように同じプロスタグランジンでも、子宮収縮を抑える種類のものもあります。

 

腰痛で悩んでしまったら

生理期間に腰痛が起こるのには、プロスタグランジンだけでなくリラキシンという卵巣ホルモンが影響しているとも言われています。

このリラキシンは経血の排出を促すために関節を緩め、股関節や骨盤周りの筋肉を緩める働きをします。この筋肉を緩める作用自体は、生理期間中の経血の排出を助けるために子宮を開きやすくする機能のためとても大切なのですが、この緩んだ筋肉を支えようとすることで、腰回りに過剰に痛みが出ることがあるのです。

骨盤のゆがみを整えるために、日ごろからしなやかな筋肉を作り、骨盤を意識しながら姿勢を整えておくことも大切です。

また、腰をくるくると回すなどの骨盤体操を取り入れてみるのもよいかもしれません。実際に痛みが出ている時には、ツボ押しを試してみるのはいかがでしょうか。ツボは神経の交わっている場所とも言われています。その場所をピンポイントで刺激してあげることで神経の流れが良くなり、全身の血液循環がよくなるといわれています。

腰が痛いからといって、腰を力任せにもんでしまっては、より筋肉をこわばらせることになります。それでは腰痛は悪化してしまいますので、腰痛を改善したいときにはツボの位置を正しく確認したうえで行うことが重要です。

 

このコラムの関連記事は

生理痛の改善に効果のある代表的なツボとその押し方