オンナノカラダ

あなたの美容と健康のお共に

魅力的なロングまつ毛になるための方法3選!まつ毛が短くても少なくても大変身できる?

calendar

reload

魅力的なロングまつ毛になるための方法3選!まつ毛が短くても少なくても大変身できる?

ロングまつ毛になって長くキープ。どの方法にもメリットとデメリットがあるんです

images-1
魅力的なロングまつ毛は、女性からも男性からも大人気ですよね。ぱっちりおめめでお人形のような長いまつ毛、ついつい見入ってしまうこともしばしば…。神様って不公平って思ったりして。でも、誰だってそんな素敵なまつ毛になれるんです。まつ毛が綺麗だったら第一印象でも絶対に得ですよね。

くるんとカールされた、なが~いまつ毛でぱっちんぱっちんまばたきしてみたい。そんな夢も不可能じゃない! 誰にでもなれる魅力的なロングまつ毛のテクニックを3つご紹介します。

テクニック1:まつ毛エクステで魅力的なまつげを作る方法

まつ毛エクステ(マツエク)とは、簡単に言うと自分のまつ毛に1本1本つけていくつけ毛のことです。長くてボリュームのある魅力的なまつ毛が簡単に手に入りますよ。手に入れる方法、維持する方法、メリット、デメリットについてみていきましょう。

 

1.手に入れる方法

ロングまつ毛でぬれるようにボリュームのあるぱっちりの目、そんな憧れのあの子はもしかしたらマツエクかもしれません。そのくらい自然なものもあるのがマツエクです。
もちろん美容室でやってもらうことになります。まつ毛のつけ毛なので、もともとのまつ毛は短くても少なくても全然OK。美容室に入って、出てきたときには、パーフェクトなまつ毛美女に大変身しています。
マツエクの人工素材は3種類あって、お手軽なものから順に、シルク、ミンク、セーブルです。特徴としては、シルクは少々固めですが、初めての方におすすめで、お値段も3つの中では一番お安いです。しかしその分、寿命は一番短いです。ミンクは、中間的な存在で、お値段も寿命も中間の立ち位置。セーブルは最も高品質で、自まつ毛に近いナチュラル感が持ち味です。ダメージも一番少ないです。

 

2.維持する方法

マツエクはつけ毛ですので、寿命が来るまでは素敵なまつ毛を維持できます。寿命は意外に早く、お手入れ方法によっても違ってくるデリケートさが弱点です。普通のクレンジングができず、専用のクレンジング剤やコーティング剤を利用することになります。
クレンジング方法は、とにかくやさしく、ソフトに行う必要があります。ごしごし洗うとつけ毛がとれてしまうこともあるので細心の注意が必要といえるでしょう。また、目をこすることも厳禁です。マツエクをつけたら、とにかく目元には触れないようにしましょう。

 

3.まつ毛エクステのメリットは?

マツエクの最大のメリットは、なんといっても即効性です。美容室に行けば、誰でも魅力的なロングまつ毛に変身できます。まつ毛美女になれるので、マスカラもいりません。普段こってりとアイメイクを盛っている方でも時短メイクが可能ですし、素顔もまつ毛でカバーできるので、お化粧をしない時にも自分に自信が持てるでしょう。
また、もともとのまつ毛に左右されないため、長さもボリュームも自分好みに作れます。まつ毛コンプレックスの方でもお人形さんのような目になることができます。さらに、カラーマツエクもあって、色を自由に選ぶことができます。まつ毛全体でも一部でもできるので、カラコンにあわせたり、季節のイベントで色を楽しむこともできます。上級おしゃれが可能なのです。

 

4.まつ毛エクステのデメリットは?

マツエクの最大のデメリットは寿命が早いことです。美しいものは長持ちしないようにできているのですね。もちろんお手入れ方法やその他によっても寿命は左右されますが、一般的には、上まつ毛で1か月程度、下まつげで2週間程度と言われています。短いですよね…。
しかし、毎月美容室にいくのだからマツエクも毎月やっても構わない、という方もいらっしゃると思います。もちろん可能ですが、お値段が少々お高いのが難点です。人工素材の種類やボリュームなどにもよりますが、一般的には4000~9000円程度と言われています。もちろんサロンによってもお値段はかなり変わってくるでしょう。寿命のたびに通う必要があります。また、クレンジングなどのメンテナンスが大変なのもデメリットといえるでしょう。

 

テクニック2:まつ毛パーマで魅了的なまつ毛を作る方法

まつ毛パーマとは、言葉通りにまつ毛をパーマ液でカールさせることです。毎朝、ビューラーやホットビューラーを使ってカールさせる手間もいらず、一日中素敵なカールが維持できます。手に入れる方法、維持する方法、メリット、デメリットについて見ていきましょう。

 

1.手に入れる方法

まつ毛パーマは基本的に美容室でやってもらいます。まつ毛パーマができる美容室は意外に多く、ホットペッパービューティーや楽天ビューティーなどで調べれば簡単にみつけることができます。普段通っている美容室でできることもあるので、聞いてみるとよいでしょう。
また、最近ではネイルサロンでやっている場合もあります。こちらも行きつけのネイルサロンがあるなら、聞いてみるとよいでしょう。ネイルとセットで割引になることもあります。

 

2.維持する方法

マツエクと違って、自分のまつ毛ですので、面倒な専用のクレンジング方法などはありません。ごく普通に洗えばよいだけです。このため、維持はかなりしやすいといえるでしょう。
また、ホットビューラーやビューラーのように、毎朝まつ毛をカールする手間もいりませんし、一日中、美しいカールを維持することができます。雨天はカールが持ちにくいなどの天候に左右されることもないです。

 

3.まつ毛パーマのメリットは?

まつ毛パーマは、とにかく楽です。まつ毛パーマをするにはマツエクのような長時間がかかりません。維持するのも楽で、特別なことなんて何もしなくても1日中カールが続きます。初めてまつ毛パーマをする場合は、かかりにくいこともあるのですが、数回行っているうちに、ちゃんとかかりやすくなります。
また、肝心の寿命も比較的長いです。個人差もありますが、一般的には半年程度といわれています。普通の髪のパーマを比べてもずいぶん長いですよね。年に2回程度かければ済む手軽さが魅力です。

 

4.まつ毛パーマのデメリットは?

そんなまつ毛パーマにも、もちろんデメリットはあります。最大のデメリットは、自分のまつ毛ですから、長さもボリュームも変わらないということです。短いまつ毛を長くすることも、少ないまつ毛を多くすることも不可能なのですね。カールがつくだけと言ってしまえばそれまでですが、パーマなのでそういうものです。お手軽ですが、まつ毛美女に突然大変身することは無理といえるでしょう。

 

テクニック3:つけまつ毛で魅了的なまつ毛を作る方法

つけまつ毛とは、市販されているつけまつ毛を使って、自分でまつ毛を付けることです。いろんなまつ毛が売られていて、選び放題ですよね。手に入れる方法、維持する方法、メリット、デメリットについて見ていきましょう。

 

1.手に入れる方法

市販のつけまつ毛を購入して、自分でつけることになります。なんでも自分でやるので、自分好みに仕上げることができます。コスト的にみてとてもお安いですよね。いろんなつけまつ毛を揃えておけば、お洋服を着替えるように、その日の気分でチョイスすることができます。
もちろん自分でつけるので、慣れるまでは失敗の連続でしょう。しかし、すべては慣れの問題。やっているうちに上達するものなので、あきらめずにコツコツ挑戦するのが一番の近道といえるでしょう。
まずは100日にトライしましょう。たいてい100回もやれば慣れてしまいます。期間にすると3か月ちょっとです。日々進化していく自分を感じるのも自信になってよいでしょう。

関連商品はコチラ

ぱっちりウインクでトリンドル玲奈のような素敵なまつ毛に!

 

2.維持する方法

理想としては、朝つけたつけまつ毛が、無事に夜までもってくれることですが、着け方や弱い接着剤などを使った場合には、途中でとれてしまうこともあります。この辺りはやはり慣れの問題と言えるでしょう。いくつか秘訣があるので、ご紹介しましょう。
秘訣1は、ノリのつけ方です。自まつ毛の1ミリ上に直接つけるのが最も効果的です。ノリはつけまつ毛に着けるのではなく、肌に直接塗ります。
秘訣2は、付属の接着剤は使わずに、ちゃんと専用の強い接着剤を使うことです。もちが全然違います。
秘訣3は、着ける時の鏡の置き方です。一番やりやすいのは、鏡が顔よりも下にあって、ななめ45度の角度で目元が見えることです。慣れないうちは、置き場所を微妙に変えて調整するとよいでしょう。
秘訣4は、裏ワザですが、もしも本当に着けるのが難しいのなら、つけまつ毛を3つに切ってしまうことです。こうするとグンとナチュラルに着けられるようになりますよ。超おすすめの方法です。

 

3.つけまつ毛のメリットは?

つけまつ毛のメリットは、まつ毛美女に大変身できることです。短いまつ毛でも少ないまつ毛でも、もとの自まつ毛に左右されないのでパーフェクトが可能です。
そして、慣れればなれるほど、ナチュラルに仕上げることができるため、まつ毛による自信だけでなく、根本的な自信も身に着けることができます。また、毎日変えるものなので、気分やTPOにあわせることが可能です。とてもお手軽といえるでしょう。

 

4.つけまつ毛のデメリットは?

つけまつ毛のデメリットは、メリットの真逆ですね。毎日つけなくてはならないので時間がかかります。時短メイクは夢のまた夢になります。それでもいろいろコツがあるので、できるかぎり、早くて上手になれるように頑張りましょう。
基本的には、メイクをすべて終えてから、最後につけまつ毛を付けます。なので、場合によっては、失敗するとすべてが水の泡になることもあります。

関連商品はコチラ

ぱっちりウインクでトリンドル玲奈のような素敵なまつ毛に!

番外編:その他の方法で魅力的なまつ毛を作る方法

魅力的なまつ毛になる方法は上記の3つが王道ですが、それ以外にも地道に行うテクニックがあります。すでにされているかもしれませんね。番外編としてご紹介しましょう。

1.ビューラーを使う方法

誰もがやっているビューラーによる方法です。最近はいろんな形のものが発売されているので、自分の目の形にあわせて購入するのがよいです。
メリットは手軽さですが、デメリットは、面倒ということと、持ちが悪いということでしょう。秘訣としては数回に分けでカールさせていくことですが、なかなか夜までは持ちません。雨天の場合は最悪です。対策として、ビューラーを持ち歩いて、こまめにカールさせることになります。
なお、自まつ毛をカールするだけのものなので、まつ毛美女に大変身はできません。

 

2.ホットビューラーを使う方法

基本はビューラーと似たようなものですが、カールの持ちはグンとよくなります。お値段も千円前後で購入できるものもあり、お手頃といえるでしょう。
デメリットは、携帯性には優れないので、一般的にポーチに入れて持ち歩くことはありません。念のために結局ビューラーを持っていくことになります。
また、持ちがよいというだけで、自まつ毛であることに変わりはないため、突然まつ毛美女になることはできません。

 

3.まつ毛ケアをする方法

とても地道な方法として、日々のまつ毛ケアが挙げられます。やさしくクレンジングすることから始まって、栄養分として、乳液または美容液、超プチプラで行くならニベアなどをきちんと塗るのが好ましいです。

間違っても、化粧を落とさずに寝てしまってはいけません。かなりのダメージになります。
また、ビューラーを使う際に、まつ毛を抜いてしまうなどダメージを与えることもあるので、まつ毛用のコスメグッズは常によくお手入れして、ビューラーのゴムもこまめに取り替えておくとよいでしょう。
さらに、まつ毛はたんぱく質でできているので、成長を促したい場合は、食事の面でたんぱく質を多くとるように心がけるとよいです。一般的に、成人女子に必要なたんぱく質量は、体重1キログラムにつき1グラムが目安です。
からだも肌も髪もまつ毛も、すべてを作っているのはたんぱく質のため、ダイエットなどで摂取量があまりにも足りないと、美容に影響が出てくることがあります。食事制限はほどほどにして必要な栄養素をきちんととりましょう。

 

インスタグラムでの反応

?目元を一工夫? #グリーン #つけまつ毛 #キラキラストーン #裸眼

A photo posted by 虎南有香 (@konanyuka) on

 

まとめ

いかがでしたか?即効性のあるマツエクのような方法から、地道にコツコツ行うまつ毛ケアまで、魅力的なまつ毛になる方法は意外にたくさんありますよね。日々の努力によって基盤を作ったうえで、マツエクなどゴージャスな方法を取ることがもっとも効率的だと思います。
どんなにまつ毛を盛っても、元がダメージでボロボロだったら魅力は半減しますよね。基本のケアをおろそかにしないように心がけるとよいでしょう。ぜひチャレンジして素敵なまつ毛美女になってくださいね。以上、魅力的なロングまつ毛になる方法のおまとめでした。

 

この記事を読んだ後読んでいるのは

醜すぎる脚を美脚に変身させる方法とは?