オンナノカラダ

あなたの美容と健康のお共に

長命につながりアルツハイマー防止にも役立つダイエット「模倣断食」とは?

calendar

模倣断食とは大学教授と研究チームが提唱したダイエット

「痩せたい」と願う人は非常に多いことでしょう。しかし、体重をひたすら落とせばいいというものではありません。体力を維持しつつ、病気になりにくい体質を形成しつつ、体型も維持する。そのような理想的なダイエットがあるのでしょうか。

最近、イタリア出身のヴァルター・ロンゴ教授が、南カリフォルニア大学の研究チーム、またミラノの腫瘍分子学研究所と共同で行った研究結果が発表されました。それによると、このダイエットは、体重を落とすだけではなく、癌、糖尿病、アルツハイマー、伝染病等々さまざまな病気の予防に効果がある上、老化の抑止にも効果有り、と述べられているのです。

研究チームには、神経生物学者、老化の研究者、アルツハイマー専門研究者なども参加しており、うわべだけの「ダイエット法」ではないことがわかります。

 

「沖縄」も対象となった大学研究

ロンゴ教授の研究は、25年前から始まりました。長命で有名な世界中の土地、カリフォルニア近郊のロマリンダ、イタリアのサルデーニャ島とカラーブリア州、コスタリカやギリシア、そして日本の沖縄の人々も研究の対象となっています。そう、ロンゴ教授は当初、人類と「長命」についての研究を目的としていたのです。その結果、このダイエット法にたどり着いたのでした。「長命」とは、ただ長生きをするのではなく、健康で知力も維持した状態の「長命」を意味する研究です。

 

「25年の研究」の果てにたどり着いたダイエット

私たちは、身近にあり気軽に食することのできる肉類を多く摂取します。肉類に含まれるタンパク質の多量摂取は、細胞の老化を促進してしまいます。

25年間の研究の結果、ロンゴ教授がたどり着いたのが「模倣断食 ( mima-digiuno ) 」というダイエットでした。「断食」と聞くと、まるで修行のように空腹に苦しむイメージがわきます。しかし、ロンゴ教授の「模倣断食」は、食物をまったく口にしないという意味の「断食」ではありません。ある一定の期間、決められた食材と量のみを摂取する、というメソッドです。そして、なんども述べるように、この食事法の目的は「痩せること」ではなく「健全な体を作ること」にあるというのが特徴なのです。

関連商品はコチラ

ミランダ・カーも夢中!【ゴジベリー】ダイエットとは?

ページ: 1 2 3