オンナノカラダ

あなたの美容と健康のお共に

スーパーフードとビューティーフードは美肌に効果あり?

calendar

次々と開発され販売される「健康食品」。

しかし昨今では、「健康食品」という製品を購入するのではなく、健康によいとされる食材を日常的に食するという人が増えてきました。

こうした「グルメ健康食材」の多くは、美肌に効果有りという商品も多いのです。

抗酸化物質、コラーゲン、ビタミン、アミノ酸が豊富といわれるこれらの食材は、健康的で肌にもよい効果をもたらし、さらにダイエットにもなる、とうたわれていることがよくあります。
しかし口にすることで、直接美肌に効果があるというのならば、そうした食材を直接肌に塗布しても効果があるのでは?と考える人も多いことでしょう。

「スーパー」を冠した商品が続々と

スーパーフード、スーパージュース、スーパーフルーツ、スーパーナチュラル。
グローバル・マーケティングの「ミンテル」の調査によると、昨年「スーパー」という形容詞を冠して開発・販売された食材と飲料は、前年度比202パーセントの伸びであったそうです。一方、美容関係の商品で「スーパー」が冠せられたものは、30パーセントの増加でした。
「ミンテル」のアナライザー、ステファニー・マットゥッチは次のように述べています。
「健康に対する消費者の意識は高まるばかりです。『スーパーフード』と呼ばれる食材は、食品だけではなく化粧品市場にも参戦してくる、というのが2017年の市場の予想なのです」。

スーパーフード=ビューティーフード

アボガド」「キノワ」といった食材は、美容にも健康にもよいといわれここ数年ブームになっています。
美容や健康によいとされる野菜や果物、ナッツ類は、栄養価だけではなく抗酸化作用などの現在注目されている健康予防にも効果があるといわれ、これらを総称して「スーパーフード」と呼ばれるようになりました。美肌の維持に有効で、体の内部から綺麗にしてくれる、といわれれば女性は誰でも試したくなるのが常でしょう。
そしてここ数年とくに顕著になっているのが、若い世代はこうした「美容によい」とされる食材への執着がことに強く、さらにインスタグラムなどのソーシャルネットワークに自分の食材を公開する、という現象です。自身で試して満足するに終わらず、世間にその結果を知らしめたいと思う女性が多くなったのです。それを見た別の女性たちが、また同様の効果を得るために試し、秒単位で「美容に効果がある」といわれる食材やメソッドが世界中に広がっていきます。
というわけで、新聞や書籍を読まずとも、女性たちは自分の健康によい食材について非常に詳しくなっていると言ってよいでしょう。疲労やストレスを感じるのが日常的になっている昨今でも、女性たちはそれに対処するメソッドを自ら探求し続けているのです。自然療法、スパイスの効能、免疫効果のある食材、抗酸化作用のある食材、といった専門用語も、女性たちは日々目にするニュースで熟知しているのです。
こうした女性たちの思考の帰結は、当然こうなったのです。
口から吸収して健康に有効でさらに美肌にも効果があるといわれる食材を、なぜ直接肌に塗布してはいけないの?」と。
スーパーフードのなかでも、とくに肌をなめらかに美しく整えるといわれるのは、コラーゲンやエラスチンといった栄養素が高い食材です。こうした栄養素は、見た目の美しさを整えるだけではなく、外部からの刺激にも耐えうる強く健康的な肌を作り出すのです。

関連商品はコチラ

ミランダ・カーも夢中!【ゴジベリー】ダイエットとは?

ページ: 1 2