オンナノカラダ

あなたの美容と健康のお共に

2017年に女性たちに最も検索されているダイエットをご紹介!

calendar

2017年の夏も終わろうとしています。

今年、グーグルで女性たちが最もよく検索し、またその効果がコメントされた10のダイエット法をご紹介したいと思います。

女性たちのダイエットに対する思いは、「夏になるから水着を着るためにきれいに痩せたい」とか、「短期間で簡単に痩せたい」という単純な願望にとどまらず、健康的で長期的な視野にたったダイエットへとその興味が移行しつつあります。飽きず倦まずに持続できるダイエット方法を、女性たちは検索するようになったのです。

一週間で1キロから2キロの減量を目指しつつ、食餌療法によってデトックスができ、さらにお肌の再生までできるようなダイエット、それが昨今の女性たちの理想のようです。

「グーグル」は、2017年の上半期に女性たちに最も検索され支持されたダイエット・ワードを発表しました。
それらのダイエット法について、ご紹介いたします。

① ファブリツィオ・ドゥランテ博士の「VIGOR ダイエット」

「VIGOR」は、「Variazione dell’Indice Glicemico Ormoni Ribilanciati. ( グリセミック指数の変化 ) 」の頭文字をとったものですが、「VIGOR」という言葉自体に「活力」を意味があります。このダイエットの特徴は、食事量を制限せず新陳代謝の機能を刺激し、糖分を筋力に変えていくというシステムです。
カロリー摂取量を減らすことは、体力の低下にもつながるのは自明の理。そこで、ドゥランテ博士は、タンパク質や脂質、炭水化物の摂取量と頻度をコントロールし、新陳代謝の機能が発動するスイッチを入れるシステムを提案しました。
実際には、炭水化物の摂取量はダイエットを開始する前よりわずかに減らすことになります。週末だけは炭水化物の摂取量を元に戻してもよく、これにより甲状腺機能も活発化するのだとか。
ただし、このダイエットにはある程度の「運動」を行うことが必須。

②アダムスキー式ダイエット

フランスのナチュロパシーとホメオパシー専門家、フランク・ラポート・アダムスキーが提唱したダイエット法で、フランスの女優たちも実践していることで名が知られるようになりました。
アダムスキー式ダイエットの基礎は、カロリーの摂取量をよく計算すること。さまざまな食品のコンビネーションから、胃腸の働きを良くし、お腹を引っ込めて減量に導くというダイエットです。
アダムスキー式ダイエットでは、食材は二種類に分類されます。「ファースト」と「スロー」の二種に分けられた食材の食べ合わせが、ダイエットの鍵です。
「ファースト」のほうに分類されるのは、果物、トマト、ピーマン、唐辛子、ヨーグルトなど。「スロー」のほうは、パン、パスタ、魚、肉、チーズ、野菜。
また、どちらにも分類されないタマネギ、ナス、バジリコ、コーヒーなどは、「ファースト」と「スロー」に当てはまる食材の消化を助ける働きをします。
食材の分類さえ慣れれば、初心者でも難しくないダイエットで、その効果も3,4日後から見ることができるというわけで、人気が出ました。

③プランク・ダイエット

2週間で9キロの減量も可能、というのが「プランク・ダイエット」のウリです。
徹底した低カロリーと高タンパク質の食餌療法で、摂取できる食材もかなり限られているのが特徴です。そのため、ピエール・デュカンをはじめとする医師たちからの批判も多い「プランク・ダイエット」、単純に指定されたメニューを摂取すればよいという安易さも有り、女性たちの支持を得たようです。
そのメニューの一例はこんな感じです。
朝食 糖分なしでコーヒーのみ
昼食 ゆで卵2個、わずかな塩だけで味付けしたホウレン草
夕食 セロリとウィキョウのサラダを付け合わせたステーキ
昼間は我慢が必要でも、夕食にステーキが食べれるところが魅力かも知れません。

関連商品はコチラ

沢尻エリカさんがストレートサラサラヘアーの○○の秘密

ページ: 1 2 3