オンナノカラダ

あなたの美容と健康のお共に

ついつい食べてしまう「食欲の秋」はどんなダイエットが理想的?

calendar

日に日に夕暮れが早くなる秋、なんとなくメランコリーになっているかたも多いことでしょう。

気持ちが落ち込みがちになると、体力も落ちていきます。
体力の低下を知る判断基準は、睡眠と起床です。
いつもより寝つきが悪い、先週よりも朝起きるのがつらい、というときには、心身共に弱っている信号だと思い、しっかり体を休めることが大事です。

さらに、女性には悪条件が重なります。
猛暑が終わり、日暮れ時が早くなると、ついつい食べ物に手が伸びてしまうという現実です。
涼しくなったとたんに、食欲が増してきてあっというまに体重が増えた、という経験はありませんか。

まして、季節は「食欲の秋」。

暑い夏のお供であったスイカや桃は姿が消え、食欲をそそる秋の果物や野菜が登場してきます。
「旬」の食材を食す、そのこと自体は健康には大変有効です。
どんな食材でも、新鮮で味も香りもかぐわしいものを選ぶのが、健康につながるのです。
ビタミンやミネラルを豊富に含んだ旬の食材は、健康と体型を維持するのに大きな役割を果たしてくれますから、あまり神経質になる必要はありません。
ダイエットをして痩せることばかりに執着せず、秋の収穫物を楽しみ、美と健康を保持する努力も秋のおしゃれを楽しむには一興です。

 

見た目もかわいいベリー類たち

秋に登場する食材にはどんなものがあるでしょうか。
イチジク、キノコ、ブリーベリー、ザクロ、柿、カボチャ、などなど。
暖色の食材は、カロリーが最も高い時期のものでも、私たちの体重にそれほど大きな影響は与えません。
たとえば、イチジクや柿は100グラムあたりのカロリーは60~65キロカロリー。
イチジクは満腹感も与えてくれる上、美容面でもさまざまなメリットがあるのです。

それではまず、ブルーベリーなどの木の実から見ていきましょう。
ブルーベリー、スグリ、ラズベリーといったベリー類は、そのかわいらしい色や形からケーキなどにもよくあしらわれていますね。
このベリー類は、かわいいその姿にもかかわらず、最強といってもよい栄養を誇る秋の食材のひとつなのです。
ビタミンA,B,Cいずれも豊富で、老化を防ぐ抗酸化作用に優れ、抗炎症作用もあります。また、カリウムも多く含んでおり、疲労回復にも効果有り。
とくに、ブリーベリーは目の網膜を保護し、末梢神経にまで血液が循環する効果を促す作用があります。
また、ダイエットをするさいに、水分が大量に体外に流出してしまわないよう働いてくれるのです。
腸の状態を整えてくれる繊維も豊富で、果実の80パーセントは水分出構成されています。そのため、ベリー類を100グラム摂取しても、カロリーはわずかに40キロカロリー。まさに、ダイエットと健康維持の味方なのです。

 

秋のシンボル、柿、梨、ザクロ、イチジクは?

豊穣の秋のシンボルとして、絵画にもよく登場するのが梨やザクロです。

日本が原産の「柿」も、現在はヨーロッパに普及し、名前もそのまま「カキ」として
知られるようになりました。
柿やザクロの「暖色」は、ベータカロチンを含んでいるためです。
柿、梨、ザクロもカロリーは低く、100グラムあたり50~60キロカロリーといったところ。
そして、これらの果物にもビタミンA,B,Cが多く含まれており、抗炎症作用があると言われています。朝晩の冷え込みが始まる季節、喉が痛いな、と思ったらこうした果物を摂取してみるのもいいかもしれません。
柿は、果物にしては珍しくプロテインを含んでいることからもダイエット向きの食材です。

 

梨は消化が良く、カリウムも豊富。

一般的に、ダイエットをしている人は、食事の最後にデザートとして果物は食べないようアドバイスされます。しかし、梨はこの範囲ではありません。繊維、ペクチン、リグニンなどの栄養素により、体内の洗浄を行ってくれるにとどまらず、悪玉コレステロールの値を下げて血流をよくする働きもあります。また、梨の88パーセントは水分。利尿作用もあり、メリットたくさんの果物なのです。

ルビーのように美しいザクロ。

小粒の種が小さな果実に入っているため、食べにくいのが難ですが、女性に優しい栄養分がたくさん含まれています。
エラグ酸や没食子酸と呼ばれる物質にはガンなどを予防する抗酸化作用があり、ルテオリン、クエルセチンといった物質によって抗菌作用まで有しているのです。

またイチジクは糖分が多く、その濃厚な味覚は満腹感と満足感を与えてくれる果物。

カロリーが高そうに見えるイチジクですが、ミカンやブドウと比べてもカロリーは低く、100グラムあたり47キロカロリー。
カリウム、鉄分、カルシウム、ビタミンA,B1,B2,B6、Cを含み、美肌作用も充分。小腹が空いた午後には、イチジク一個を食べれば腹持ちもよく美容によい栄養摂取できて、まさに一石二鳥です。

キノコを食べるその意味は?

ダイエットのレシピの常連とも言ってよい「キノコ」。秋はまさに、キノコの季節です。ダイエットメニューの常連となるその理由は、カロリーの低さにあります。
採れたてのキノコ100グラムのカロリーは、たったの25キロカロリー。あらゆる種類のキノコにこのカロリーは該当しますが、ドライになったキノコは100グラムのカロリーが120キロカロリーにまで上昇しますから要注意。
新鮮なキノコを食べることができる秋は、キノコを使用したダイエットのチャンスなのです。
カロリーが低いにもかかわらず、キノコにはカリウム、リン、そして良質なプロテインも有しています。キノコが含有する水分は、なんと98パーセント。まさに、ダイエットのために存在する食材と言っても過言ではありません。

2週間で5キロ減量するためのメニューとは

それでは具体的に、2週間に5キロ落とすためのメニューをご紹介いたしましょう。
一日の平均摂取カロリーは、1300キロ前後です。
味付けは、火の通っていないオリーブオイルのみを使用してみてください。

関連商品はコチラ

桐谷美玲さんが簡単に痩せられたスリムーチョ

ページ: 1 2